風呂敷の便利な活用法について

環境問題の解決で注目される日本の伝統文化

風呂敷を使う

世界における環境問題の中で、一番ウエートを占めているのが資源ごみの増加です。
そんな資源ごみの増加を防ぐために日本の伝統文化が注目されているのですが、
その文化というのがふろしきです。

ふろしきは江戸時代以前において、庶民が体を清潔にする銭湯に行く際に
洗浄道具や貴重品そして着替えを包むために利用したものです。

明治時代になると欧米からバッグの文化が入ってきたことで銭湯で使う目的は
形骸化しましたが、綿素材を使って丁寧に織物機で織って作ることで丈夫なことから
果物や瓶などを包んで持ち運ぶためのアイテムとして利用されるようになります。持ち運びのアイテム

そんなふろしきは海外から注目されるようになった理由の一つとして、
ファッションの一部として利用できることがSNSで広まったことが大きいです。

現在はプリント技術により大量生産されてるようになっていますが、専門店では
オーダーメイドという形ではオリジナルの絵柄を作成して織ることも可能になっています。

その日本古来の伝統技法は、とても鮮やかな色彩ときれいな絵柄から持ち物を運ぶだけでなく
体の一部に巻き付けてファッションとして利用されているのです。

そんなふろしきですが、日本での本来の使い方が広まることでエコの観点から別の形で利用者が増えています。

清潔に使えて何度も利用できる

先に言ったとおりにふろしきが注目されるようになったのは、資源ごみの増加を防ぐためです。
日本でも問題となっていますが、環境問題において危惧されているのがプラスチックごみになります。エコに役立つ風呂敷

石油を原料に作られたプラスチックの袋やパッケージは大量生産がしやすいため
利用されるようになりましたが、身近にあるがゆえに自然界に違法投棄することが常態化してしまったのです。

その結果としてプラスチックごみは川や海に漂うことになり、それを餌と誤認した
海洋生物が食べることによって命の危機に瀕しています。

そしてプラスチックごみは紫外線などの影響でミクロ化すると、それを餌として食べた魚に
蓄積をして人間にも影響を及ぼすことになっているのです。

それを改善するためにはプラスチックごみを減らす必要があるのですが、その方法の一つとしてふろしきが役に立ちます。

ふろしきは水に強い綿素材で作られているので、何度か洗えば色彩が落ちてしまいますが
清潔な状態で何度も使うことができます。そして使わないときには折りたたんで手軽に持ち運べるので、
プラスチック袋がなくても買い物ができます。

これらの観点からふろしきは、世界で共通認識となっている持続可能性なエコ活動の実現に大きく役立つのです。